2004年10月06日

単純なプッシュ型広告の効用

本の話が続きます

グッドラックに続いて、大村はま女史の「教えるということ」を
読んでみました。

大村はまさんは1906年生まれ、すでに97、8歳の高齢ですが、
今年になって、新たに本を出版されるなど、国語教育の啓発活動を
行っておられる、もと中学校の国語の先生です。

最近時々話題なる、スーパー年寄りの一人であることは間違いない
でしょう。

とはいえ、私は、国語教育に特別に興味を持っているわけではなく、
大村はまさんという方も、ずいぶんと著書を出しておられることや、
熱狂的な信望者もいるカリスマ的存在であることも存じ上げませんでした。

「教えるということ」の内容についての感想は、
HPのほうに、中小企業診断士への勉強的「勝手読み」の形で、
収録しました。

ここでは、この本を手に取ったきっかけについて考えたいと思います。

きっかけは、本のオンラインショップのひとつが発行している、メルマガ
でした。

このメルマガは、オンラインショップと連動していて、紹介している
本のうち何冊かは、数ページだけですが立ち読みさせてくれます。

この立ち読みが実に効果的なのです。

書評や内容の説明と、実際の書物の文章では、訴えかけてくるものが
全く違います。
そのため、本好きの私としては、限られた立ち読みをついつい読んで
しまいます。

その立ち読みに、大村はまさんの最近の著作が紹介されていました。
そこに出てきた言葉に、興味がわき、一冊読んでみることになった
わけです。

さて、このメルマガは何か特別な仕掛けがあるのでしょうか?

実は、特に個人的な興味分野に焦点をあてたこったものではなく、
適当に話題の書や新刊書を何冊か取り上げてプロモーションしてくる
単純なものです。

そして、このメルマガによるプッシュ型プロモーションが、全然本人の
趣味も購買履歴も考慮していないところに、面白みがあります。

実際の本屋さんや図書館には、しょっちゅう行きますが、どうしても
通る通路や見る書棚がマンネリ化してきます。
(違う本屋に行って見ると、刺激があって面白いですが、そうそう
 新しい本屋さんというわけにもいきません)

なかなか意識して、マンネリを打ち破るというのは難しいものです。

それを、この単純なメルマガは勝手にやってくれます。

これが、今までに購入した本から、購買傾向を推測して・・・なんて
親切な機能がついたメルマガだと、本屋さんに通っているのと似たような
結果になってしまいます。

マーケティングとは難しいものですね。







posted by 利アップ at 23:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by at 2005年03月07日 07:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/753832

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。